外付けハードディスクドライブ

パソコンの中には、ありとあらゆるデータが保存されています。

購入した時から入っていたもの、インターネット上でダウンロードしたデータ、または作業して保存した文書、写真など・・ これらのデータはバックアップが必要だとよく言われます。

バックアップとは

バックアップとは、データの予備を取っておいて保存することです。

大事な書類も原本だけではなくコピーを取っておきますが、それと同じ様な作業をパソコンで行います。

保存するデータの種類は?

バックアップするデータには、大きく2種類に分けられます。

まず一つ目は、プログラムファイルと呼ばれるものです。 プログラムファイルは音楽を聞いたり文書を作成したり、コンピューターが動作するために必要なファイルのことです。 ソフトウェアと呼ぶこともあります。

そして二つ目はデータファイルと呼ばれるもので、画像や文書、音楽データなどが含まれます。

バックアップするのはなぜ大切?

パソコンはとても便利なものですが、完璧ではありません。

パソコンは電化製品である以上、長年使い続けると必ず故障が発生します。 これは、他の電化製品と同じです。

パソコンパーツで特に壊れやすいのは、データを保存しているハードディスクです。 パソコンは電子機器ですが、ハードディスクはメカニカルな部分があります。 高速回転している円盤状の記録メディアぎりぎりの位置をアームの様なデータ読み書きヘッドがトレースをして、パソコンで使われるデータの読み書きが行われます。

この「円盤部分」と「データ読み書きヘッド部分」は、機械的な動きなので摩擦が起こり、長時間使い続けていると摩耗が起こります。 摩耗の度合いが進んだ場合には、故障が発生してしまい、最悪の場合、ハードディスクに記録された全てのデータが読み出せなくなってしまいます。

また、故障以外でも些細なことで壊れてしまう場合もあります。

外的な衝撃やホコリ、インターネットを介してのウイルス感染など、様々なことが原因ですべてパーになってしまったなんて話はよく聞きます。

もしパソコンのバックアップを取っていなかったら、中に保存していたデータは全てダメになってしまいます。 しかし、予備のデータが残っていれば壊れていない別のパソコンに移すこともでき、作業の続きをすることだって可能です。

プライベート用のゲームパソコン、ビジネス用のオフィスPCなど用途に関わらず、大事なデータを完全に失ってしまわないようにするにはバックアップが不可欠です。 ここではパソコンを使う上でとても大事なデータのバックアップのことについて、色々と学びましょう。